Karube BLOG
夏合宿打ち上げ 襷新聞63号より
三大駅伝を見据え、第二次妙高に続き仕上げの菅平も順調に打ち上げる!

第1次の妙高合宿に続いて第2次合宿(8月25日から9月3日)も妙高で行い、そして、仕上げの第3次合宿(9月9日から15日)は、長野の菅平高原で計画通り実施し、長期に亘って行われた夏季強化合宿の練習を打ち上げた。

 後半の妙高合宿からは1次合宿選抜メンバーの17人に、東洋大学と合同合宿を行った2年生4人と、1年生の斎藤が新たに加わり、22名で強度の高いメニューをこなした。
 2次の妙高合宿を終えて5日後に始まった菅平合宿では大きな故障もなく、例年にないほど質・量ともにレベルアップしたメニューをチーム一丸となって声を掛け合い全て消化した。
2013夏合宿

 8月初旬から始まったこの夏季合宿を振り返ってみると、大きく三つの特色が浮かび上がる。
 一つ目は、補強の強化だ。
 学生トレーナーの藤村が中心になり考案した新しい補強メニューを実施した。
 その内容は心肺機能に負荷をかけながら行うサーキットトレーニング、ゴムチューブを使用した補強等であるが、それに坪田駅伝監督から示されたメニューも追加され、ほぼ毎日チームの全員で輪になって行うようになったことだ。
 この取り組みが成果に繋がるのは駅伝シーズンだろうが、故障者の減少に繋がっているのは現状でも明白だ。

 二つ目は、競争意識の芽生えだ。
 昨年は予選会突破に向けた合宿プランだったが、今年は三大駅伝を見据えてのプランだった。
 メニュー自体に大きな変化はないものの、駅伝のレギュラー争いは中堅層で激化している。
 特に、1年生の勢いは目覚ましく、足羽や木村を筆頭に合宿に参加したメンバーは上級生と同じ合宿メニューをこなして見せた。
 そうした下級生の突き上げも起因してか、今年箱根駅伝を経験したメンバーも危機感を抱き、各学年がポイント練習で“抜きつ、抜かれつ”の展開を繰り広げた。

 今までは層の薄さゆえに競争意識も希薄だったが、この競争意識の高まりはBチームにも波及している。
 これより全体のレベルアップし、チームが昇華することにより、新生オレンジエクスプレスの復活を果たしたい。

 そして三つ目は、曽村先生を始めとして、OBの皆様、襷新聞の会の皆様方等多くの方々が合宿に駆けつけて励ましてくれたことである。
 皆様からは差し入れや、激励のお言葉を頂いており、選手の皆はこんなにも多くの方が応援されていると云う事を改めて実感していた。
 多くの皆様はきっと、出雲駅伝、全日本大学駅伝での活躍と箱根駅伝では今年以上に上位の成績を期待していると思うので、我々はしっかりと地に足をつけ、浮足立つことなく一歩ずつチームとして前進していきたい。
 この合宿を終えてからも感謝の気持ちを忘れず、結果を出すことで皆様の期待に応えていきたい。
 【記事=松田】
第一次妙高選抜合宿 襷新聞より
8月10日から1週間の日程で選抜17名が、妙高高原で第1次合宿を行いました。
合宿の模様を紹介します。
2013妙高1

【合宿1日目】
各自50分のジョッグ

【合宿2日目】
朝練習:約15キロメートル集団走、補強
午前練習:各自でジョッグ、サーキット
午後本練習:笹ヶ峰のクロスカントリーのコースを用いての25キロメートル走
 まずはコースの下見もかねて全員で5キロメートルコースを一周、その後は田子、高梨、松田(4年)がそれぞれリーダーとなって3組に分かれて集団走を行いました。
 設定は一周目が21分、それ以降を20分前後というペースで行いまいた。

【合宿3日目】
朝練習:集団走
午前練習:各自ジョッグ、補強
午後本練習:1キロメートル走
 1年生は六本以上が設定
 怪我から復帰途中の田井は6本、佐野は1本おき、他のメンバーは8本
 設定タイムは3分
2013妙高2

【合宿4日目】
朝練習:一周7.5キロメートルのコースを2周し、宿舎に戻る20キロメートル走
午前練習:各自散歩
午後練習:競技場周辺の1周約1キロメートルのコースでの20キロメートル走
 設定タイムは例年よりやや速い5キロメートルあたり17分30秒
2013妙高6

【合宿5日目】
朝練習:各自六十分のジョッグ、補強
午前練習:体幹の補強とチューブを用いた補強、後に野尻湖までの往復ジョッグ
午後練習:各自散歩

【合宿6日目】
朝練習:約15キロメートルの集団走、補強
午前練習:各自ジョッグ、サーキット
午後練習:笹ヶ峰のクロスカントリーコースで25キロメートル走
 設定は一周目を20分前後、それ以降は19分50秒、最終的に19分30秒まで上げるという設定
2013妙高3

【合宿7日目 合宿最終日】
朝練習:20キロメートル以上の集団走
 7.5キロメートルのコースを2周し、そこから一度、坂を下り宿舎に向けて最後に上るというコース
2013妙高5

【総括】
 全体としてまとまりのある練習をこなすことができた合宿となりました。
 1年生もほぼすべてのメニューをこなしていましたので着実に力を付けることができと思います。
 故障者もでませんでした。
 しかし、まだ1次合宿であり、今後更に強度の高いメニューを2次、3次合宿でこなしていかなければなりません。
 これらの合宿をこなしていかなければ「箱根8位」という目標を達成することはできません。
 今回の合宿を一つの自信としたいですが、決して過信をせずに今後の合宿につなげていきたいと思います。
【記事=関口】
第45回全日本大学駅伝対校選手権大会  襷新聞より
三大駅伝出場決定!
予選会を2位で通過 8年振りの本選出場を果たす!

11月3日に行われる第45回全日本大学駅伝(愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮)の関東地区の予選会が、6月30日(日)、国立競技場で開催されました。
この予選会は、二十チームが出場し、各大学8人の1万メートルの合計タイムで争われ、今回は関東地区から上位7校が本戦への出場権を獲得できます。

エントリー時点で法政大学の選手8人の合計タイムは9番目と、本戦出場の7位に入るためには一人一人がミスなく実力通り走る必要がありました。

結果、法政大学は予想をはるかに上回る2位という成績で通過を果たし、8年ぶりに伊勢路に返り咲くことが決定しました。

選手のコメントを紹介します。

第1組
6着 30分14秒64 田子 祐輝(4年)
全日本予選田子
 関東インカレが終わってから全日本予選のメンバー選考トライアルでひどい走りをしてしまい不安がありましたが、今年のチーム目標でもある三大駅伝出場を果たすために今できる精一杯の力を出し切ろうと腹をくくりレースに臨みました。
 結果的に黒山と一桁順位でまとめられたので最低限の役目は果たせたと思います。
 個人的には自分の現状の力に納得いきませんし非常に悔しいです。
 残り数ヶ月で絶対に這い上がってやります。この度はたくさんの応援本当にありがとうございました。

8着 30分15秒39 黒山 和嵩(3年)
全日本予選黒山3
 暖かいご声援誠に有り難うございました。
 総合結果としては2位で予選を突破し、全日本出場を果たす事ができましたが、私自身申し訳ない気持ちでいっぱいで、他のメンバーに助けられたという感じです。
 個人としてはレース内容、タイム、順位、全てにおいて昨年より悪い結果に終わり、チームに貢献する事ができませんでした。
 坪田監督、成田副部長、メンバーの選手、応援やタイム測定、補助員等のサポートに回って下さったチームの方々、マネージャーの皆さん、OB、OG並びに応援してくださっている皆様、法政大学の伊勢路行きを決め手頂き本当に有り難うございました。
 伊勢で必ず恩返しをさせて頂きます。
 今後とも法政大学の応援を宜しくお願い致します。

第2組
7着 30分05秒44 森永 貴幸(3年)
全日本予選森永
 まず、全日本大学駅伝への出場が決まり素直にうれしいです。
 2組目に走らせていただきましたが、反省の多いレースでした。
いままでの試合でも位置取りが悪く、そこが自分のだめなところで気をつけなければいけないところなのですが、今回のレースも位置取りが悪く後ろでレースを進める形になってしまいました。
 結果だけ見れば予定通りに見えますが内容はよくないので、とくに位置取りはしっかり反省して、改善していきたいです。今回予選を通過できたのも周りのサポートや応援のおかげです。
 本当に感謝しています。
 これで三大駅伝出場が決まったので、本選を走れるように夏の間にしっかり走り込んで力をつけたいです。
 応援ありがとうございました。

12着 30分12秒30 高梨 寛隆(4年)
全日本予選高梨
 この度はたくさんのご声援本当にありがとうございました。
 4年目にして最初で最後の全日本駅伝予選会で二組目を走りました。
 箱根駅伝後からこの予選会に向けて練習を取り組んできたので、まずはここでどれだけ自分の力を発揮できるか期待と不安を感じながらスタートしました。
 坪田監督の指示もあり、焦らずに後半までレースを運べましたが肝心のラストで他大学の選手と戦えませんでした。
 今回チーム全員のお陰で無事三大駅伝出場が決定しましたが、私自身まだまだ力不足を痛感したので残りの日々を後悔のないように過ごし、もっと強い選手になりたいと思いますので、これからもご支援、ご声援よろしくお願いします。
第92回関東学生陸上競技対校選手権大会 襷新聞より
第92回関東学生陸上競技対校選手権大会 襷新聞より
【一万メートル、西池が意地の七位入賞‼】
 二日目に、この大会最初の決勝種目として行われた一万メートルには田井、関口、西池がエントリーされた。
田井と関口は4月の記録会で28分台を出しており、入賞の期待がかかっていた。
一方の西池は故障から復帰し、3年目にして初出場を果たした。

レースは山梨学院大学のオムワンバ選手が先頭を引っ張り、三人ともその流れに乗る。
千メートルの通過は2分50秒。その後もペースは落ちることなく、集団は縦長になりながらも崩れることなく五千メートルを14分20秒前後で三人は通過していく。

五千メートルを過ぎると外人選手を含め日体大の服部選手や、東洋大学の設楽選手兄弟と西池を含む六人の集団から抜け出す。
その後周回毎に後方集団との差が開いて行く。
しかし、西池は六千メールを過ぎた辺りで徐々に顔が歪みだし先頭集団から離脱してしまう。
そして、西池は後方の関口を含めた第二集団に吸収されてしまうが、この集団に必死に食らいつき粘る。
この西池、関口を含む五人の集団は入賞目指しての競り合いは、ラスト一周の鐘が鳴って最後の直線に入ったところで西池が渾身のスパートをかけ、28分59秒35で七位に入賞する力走を見せた。

関口は後半追い上げ、一度は西池を捕えるがラスト千メートルで離されてしまい、11位と入賞まであと一歩及ばなかった。
一方の田井は五千メートル過ぎまで関口とレースを進めていたが、後半に集団から離れてしまい22位でゴールした。
各大学の主力が出場したこの種目で、法政大学からは一人入賞者を出すことが出来た。
しかし、箱根駅伝8位を目指すにあたり、各大学のエースと互角に戦わなければならない。エントリーされた主力の三人を含め、応援に回った選手も上の舞台で戦う意識が必要だ。

西池10000m
西池 和人 28:59.35 決勝7位
関口 頌悟 29:08.10 決勝11位
田井慎一郎 29:44.62 決勝22位
  

西池和人(三年)コメント

この度は多大なるご声援、誠にありがとうございました。
自分自身初の関東インカレで、チームの皆からの声援をとても新鮮に感じ、心から嬉しく思いました。
結果は一万メートルと五千メートルに出場させていただき、7位と9位でした。
目標を達成出来ず、完全に力不足な結果となってしまいました。
しかし、これから練習を積んでいけば上学生トップの選手と戦えるという自信は各自に持てたので、これからの自分が楽しみでなりません。
次なる目標は、先ず全日本予選を通過することです。
自分の走りでチームを全日本に導くような走りをするので、皆さんこれからも応援よろしくお願い致します。
春の記録会 襷新聞より2
第40回平成国際大学競技会
<日時>平成25年4月28日(日)
<場所>鴻巣市陸上競技場
平成国際藤井森永佐藤image6
森永 貴幸 14'54"25
藤井 孝之 15'11"04
齋藤 晟也 15'14"32
平成国際城越image3
城越 洸星 14'56"06
平成国際木村image2
木村 優志 14'57"31