Karube BLOG
2013 関東インカレ 襷新聞より
第92回関東学生陸上競技対校選手権大会 襷新聞より
【決勝、田子が復活の狼煙を挙げる三位入賞‼】

大会三日目(土)に三千メートル障害の決勝が行われた。

決勝では、スタートから田子が好位置に着き優位にレースを進める。
千メートルを過ぎても集団は崩れることなく、誰が飛び出してもおかしくない緊張感が漂っていた。レースが動き出したのはラスト一周の鐘が鳴ってからだった。

城西大学の山口選手が一気にスパートをかけると、それに反応出来たのは東洋大学の小池選手と少し差が開いて田子だけだった。
田子はラストの直線に入ってから後方に詰め寄られるも、3位に入賞し4年目にして初の表彰台に上がる結果を出した。

長期に渡る故障で試合から離れていた田子だが、そのブランクを感じさせない力強い走りを見せた。

田子6


田子祐輝(四年)コメント
 今回の関東インカレは故障明け三ヶ月の準備期間で不安もありましたが法政の主将である事、最後の年という事もあり、腹をくくってレースに臨みました。

優勝という目標は達成できませんでしたが最低限の結果を残せたのではと思います。

この結果に満足する事なく主将として結果でも日々の取り組みでもチームを引っ張っていけるよう精進していきたいと思います。
応援してくださった方々、本当にありがとうございました。