Karube BLOG
新春の箱根路を走り終えて1 往路 襷新聞より
少し時間が経ちましたが箱根を走った選手たちのコメントを襷新聞より転載いたします。

一区 西池 和人(スポーツ健康学部2年)
1区西池image1

この度は多大なるご声援をありがとうございました。
一区を走らせていただいた西池です。
この1年間賀上キャプテンが中心となって目標を達成出来たのは本当に嬉しく思います。
私事ですが、高校時代から一番にお世話になっている賀上さんがいたからこそ今の自分があるのだと思います。
そんな先輩と最後に喜びを分かち合えたことは、自分の人生で忘れられぬ思い出です。

箱根駅伝が終わってから、学部などでも「おめでとう」と言われる事があります。
それはとても有り難い事なのですが、自分のあの程度の走りで「凄い」と言われるのがとても悔しいです。
今年度はトラックから世界を目指して活躍し、西池は凄い選手だということを証明する年にします。 
これからも応援よろしくお願い致します。

二区 篠原 義裕(経済学部4年)
2区篠原image2

今回は二区を走らせて頂いたのですが、チームとして9位という順位で、この一年間のシード権獲得という目標を達成でき、とてもホッとしています。
しかし、そう言う気持ちの反面、自分がもっといい流れを作れたらもっと上が狙えたのではないかと思うと、とても悔しい気持ちもあります。
私はこれからも競技を続けさせて頂けるので、この悔しいと言う気持ちを強さ、速さに変えてまた新しい場所で頑張っていこうと思います。
そして、後輩達も本当に実力が着いてきているので絶対に負けないよう法政大学を応援しつつも、陰ながら対抗心を燃やしてこれからも競技に向かっていきたいと思います。

4年間色んなことがありましたが、本当に法政大学で陸上ができたことを誇りに思います。
応援して下さった方々、チームのみんな、そして成田監督、坪田コーチ本当にありがとうございました。

三区 田井 慎一郎(経済学部3年)
3区田井image3

たくさんのご声援ありがとうございました。
箱根路はすごい臨場感で素晴らしい経験が出来ました。
個人は区間13位で自分の役割を上手く果たすことができず、チームに助けられた形です。
反省は沢山あるのですが、もっと強くなってこの先の結果で示して行きたいと思っています。

多くの方々の期待や声援が力になり、最後まで走り抜くことができました。
そして法政の代表として走れた事を本当に嬉しく思っています。
これから先輩方が卒業し、とうとう四年生になるので、全ての面で引っ張っていかなければなりません。
もっと意識を改善して、日々精進していこうと思います。
今後ともご声援よろしくお願いします。

四区 黒山 和嵩(現代福祉学部2年)
4区黒山image4

今回、自分は四区を走らせて頂きました。
走り始めてから一キロ程で足が重く感じたのですが、途中で坪田コーチから「区間二位で走っている」と聞かされ、一気に気持ちに余裕が持てて、最後まで走りきる事ができました。
風が物凄く強く、ラスト3キロの地点では止まりそうな程でしたが、最後の1.5キロは大学に入って一番楽しく走れました。

チームとしてもシード権を獲得できて本当に嬉しかったです。
自分としては、応援して頂いた人達にはシード権を獲得したという事よりも、走れなくて悔しい思いをしている選手の支えがあるからこそ、十人がしっかりと走れたという事を覚えていて貰いたいです。
自分もそれだけは忘れずに来年に向けて練習を継続していきます。

五区 関口 頌悟(社会学部2年)
5区関口image5

今回五区を走らせて頂きました2年の関口です。
皆様の日頃のご支援のおかげでシード権を獲得することができました。
本当に有難うございました。
今回、襷新聞の紙面を通して皆様にこのような報告が出来て本当に嬉しいです。
このような結果が残せたのは4年生を中心に予選会の時以上に「一人一役」をこなせたからだと思います。 
今回の結果に満足することなく「更なる高みへ」をモットーに、新キャプテンの田子さんを中心にチームとして成長していきたいと思います。

個人としては「原点と精進」を心掛けて上級生としての自覚を持ち、より成長していきたいと思います。
今後もご支援ご声援のほど宜しくお願い致します。