Karube BLOG
箱根駅伝予選会エントリーと長距離ブロック夏合宿② 襷新聞より
第89回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会エントリー
10月20日(土)陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園
9:30スタート
品田 潤之 4年
篠原 義裕 4年
大久保 圭 4年
田井慎一郎 3年
田子 祐輝 3年
松田 憲彦 3年
黒山 和嵩 2年
佐野 拓馬 2年
関口 頌悟 2年
西池 和人 2年
森永 貴幸 2年
有井  渉 1年
中村  涼 1年
藤井 孝之 1年

四次に亘る夏季強化合宿打ち上げる!
【3次・4次は菅平で仕上げる】

 箱根駅伝予選会に向けての3次強化合宿は8月30日から9月8日までの10日間。
 そして、全日本インカレ(9月9日~12日)を挟んで仕上げの4次合宿は13日から17日までの5日間の日程で、共に菅平高原で行われた。

 ここでの練習は厳しい残暑の多摩グラウンドとは違って気候にも恵まれ、絶好の環境のもと、密度の濃い練習をすることが出来た。
 例年であれば夏の合宿は3回で終わりだったのだが、今年は4回目を実施。部に無理を言い、仕上げの合宿として4回目の夏合宿をすることを決め、箱根駅伝に向けての更なる追い込みをかけた。

 第3次の合宿では主にスピード練習と距離走を一括りにしたセット練習をメインに、とにかく鍛えることを目的とし、仕上げの第4次の合宿では、予選会に向けた実践的な練習をメインとするなど、しっかりと目的を持った合宿として臨んだ。
 普段よりも格段に質が上がっており、合宿が進むにつれて若干の故障者を出す場面があったにも拘らず、まとまって練習が出来たのは「長期合宿が初となる一年生が喰らいついて走っている姿」が自然とチームの士気を上げたとも云える。
菅平1

 また、素晴らしいのは練習環境だけでなく、様々な方からご支援や応援の声を頂くことが出来た。
 部員の保護者の方、同じ場所で合宿をしている実業団チーム様、襷新聞の会の皆様など、様々な方から差し入れも頂き、多くの皆様たちからのご支援によりこのような合宿が出来るのだということを改めて実感させられた。
 これは走っている選手にとって、更なる力になる。

 今回の合宿ではただ走り込むだけでなく、与えられたメニューの中で、どのように走るのかを指示される事もあり、今までには少なかった、「考えて走る」という部分が非常に大切になってきていた。
 これはもちろん、箱根駅伝本選で闘っていくためには必要不可欠なモノであり、各部員達も完璧とまではいかないまでも、そういう走り方のきっかけをつかむことが出来ているはずである。

 8月6日からの河口湖合宿から4回に亘って行われた合宿は、今回の仕上げの菅平合宿で全て終わった訳ではあるが、これだけで力が着いたという事はまず無いし、この合宿をこなす事がゴールではない。あくまでも今年の目標は箱根駅伝本選でシード権を獲る事だ。
 そのためにもまずは10月20日の箱根駅伝予選会突破を応援して下さっている方々に見て貰いたいと思っている。
 合宿を乗り越えた事で得たモノを全員で共有し、箱根に対する気持ちを更に押し上げる事さえ出来ていれば、箱根への道は見えてくるはずである。
 後はこの夏合宿を得た力を自分の中でプラスにしていき、本番でその力を発揮出来るように体調を整えるだけである。

 またチームとして挑む大会であるので走る、走らないに関わらず全員が一丸となって戦うことが重要である。
 兎に角ここまでは非常に良い流れで練習も出来ているように感じる。
 それほどに充実した夏合宿になっていたことは、まず間違いないだろう
集合写真5