Karube BLOG
長距離ブロック夏合宿① 襷新聞より
箱根駅伝予選会に向けての夏季合宿が、8月5日からの河口湖合宿を皮切りに始まりました。
今年は例年3回行っていたA合宿を4回行いました。記事=品田、関口

選抜A合宿
8月5日-8月9日 山梨県河口湖・西湖 21名 東洋大学Bチームとの合同合宿

 この合宿は、東洋大学と一緒に練習をさせていただくということで、強化合宿というよりも箱根駅伝優勝チームがどのようなモノなのか、体験を通して学びとることを第一の目的としていたため、次回以降の合宿に向けて体を作っていくという、導入的な意味合いの練習メニューとなりました。半面、これから箱根で闘うためには何が必要で、どうすればいいのかを考えることが参加した個々の部員に求められたことになりました。
 実際に様々な場面で何が足りないか等を指摘され、そのことについて考えることにより選手達は各々に感じる所がありました。
河口湖1

選抜B合宿
8月10日-14日 山梨県河口湖・西湖 5名

 今年のB合宿は、例年より選考基準を厳格化したため、事前の練習で予定の半数が見送られ、僅か五名による合宿となりました。
 予選会で通過を目指すには、チームの更なる底上げがなければ戦えないということを全員が認識して、一人でも多くの選手が上に上がることを期待します。
河口湖2

妙高選抜合宿
8月15日-24日  妙高高原 20名

 今回の合宿は9泊10日で行われ、前回の河口湖合宿よりも一層内容の濃い合宿となりました。
 設定が昨年よりも上がり1年生をはじめ、一部に苦戦する者が出ました。
 全体的に苦しく厳しい合宿になりましたがその中でもしっかりと練習をこなせた者もいました。
 次の菅平合宿では個人とチームの更なる前進のためにより内容の濃い練習をこなし予選会に臨まなければならないと思います。
妙高1
妙高2