Karube BLOG
箱根駅伝予選会突破! 襷新聞より②
襷新聞より 選手コメント

箱根駅伝予選会を走り終えて
上田 剛史(4年)  91位   1:01:25
 予選会前の体調は良かったです。
しかし、緊張で一週間前からあまり寝られずそこだけは気がかりでした。
レースを走り終えての感想は、出場権を獲得したことに、「ホッ」としたという気持ちが大きかったです。
しかし、レースを振り返ると課題であったラスト5キロを粘ることができず、結果的にチームの足を引っ張ってしまいました。
次に挽回できるチャンスは、箱根しかないと思うので、4年生としてチームを引っ張り、力をつけて箱根に臨みたいと思います。

奥田 宗弘(4年) 246位  1:04:03
 走る前は、5000メートルの調整などうまくいっていて、調子は悪くなかった。
でも、一ヵ月前のケガで距離が踏めなかったのが不安ではあった。
実際に走ってみて10キロから全く動かなくなり、チームに迷惑をかけてしまったことは本当に申し訳なかったと思う。
今のままでは、みんなに信頼されないと思うので、上尾と合宿等で結果を残し、チームで使える人材としてこの二ヵ月考えて練習に取り組みたい。
また、応援してくれる人のためにも結果を残して4年として意地を見せる。

只野 博通(4年) 254位  1:04:19
 予選会を走ってみて、たくさんの方々のおかげで頑張ることができました。
本戦に出場することもできたので良かったです。
しかし、自分の予選会の結果には満足いっていないので、箱根駅伝まで頑張っていきたいと思います。

福島 成博(4年) 125位  1:01:50
 関東インカレポイントを使ってしまったのが残念でしたが、通過できて本当に嬉しいです。
昨年、自分の走りでチームに迷惑をかけてしまい、61分30秒で確実に走るという事を目標にやってきました。
前半抑えて入るつもりでしたが、抑えすぎてしまい設定より遅れてしまいましたので、箱根ではもう少し速めに入って勝負できるようにしていきたいと思います。

稲垣 雄太(3年)  167位  1:02:37
 今回の予選会では、昨年からの練習の成果を発揮することができませんでした。
しかしながら、自分が走れなかった分、仲間が走ってくれたこともあり、無事に予選を通過することができました。
本選では、自分もチームに貢献できる走りができるよう、あと2ケ月、練習を積みたいと思います。

清谷 匠(3年) 79位  1:01:13
 走る前は、合宿などを含め練習はできていたので調子は良かったと思います。
しかし、走ってみると練習量が足りていないのがよく 分かり、特に10キロすぎてから腰が落ちてしまい上半身の筋力不足を感じました。
これからは合宿等で走る距離を増やし、又、筋力トレーニングにも力を入れていきたいと思います。

塩月 良輝(3年) 159位  1:02:17
 本格的に練習ができ始めて本番まであまり時間がなく、走る前は不安だった。
実際に走ってみて1年のときのようにならずになんとか纏めたが、まだまだだと思うし、本選に出場チームの中で最下位なので、これから箱根に向けて底上げをはかるためにも自分自身がトップの方に上がっていけるようにしたい。

益田 賢太朗(3年) 120位 1:01:48
 ある程度の記録でまとめられてホッとしています。
ポイント練習を再開したのが9月末、前々日の刺激も体が動かずという状態で、走る前は不安で押しつぶされそうでした。
レース中は自分の体の状態を探りながら、「61分台」というのを頭において走りました。
結果的にそのタイムで走れたことは良かったですが、本来なら自分はチームの上位でゴールしてタイムを稼がなければいけなかったので、今回はチームのみんなに助けられました。

山本 洋輔(3年) 199位 1:03:06
 予選会ではたくさんの応援ありがとうございました。
これから二ヶ月間、本戦に向けて練習を積んで、メンバーに入り、しっかりと襷を繋げるよう頑張るので応援よろしくお願いします。

近藤 洋平(2年) 48位   1:00:52
 走る前は調子が上がってきていて、アップの時も調子が良かった。
10キロくらいからきつくなってきて、ラスト5キロからあまりねばれなかったので、ラスト5キロでもっと走れるスタミナをつける。

鍵谷 亮(2年) 135位 1:01:57
走る前の調子は、どちらかというと良い方でした。
実際に走ってみて練習不足を実感しました。これからの課題としては、20キロ以上の距離を走り切る筋力をつける。箱根をただ走るだけじゃなく、勝負できる力を。

末山 貴文(2年) 67位  1:01:03
 大会前の練習から調子はいいような気がしていた。しかし、長い距離のレースできっちりと走れた試しが無かったので不安もあった。
実際に走っている最中も、いつ足が動かなくなるのか怖かった。
しかし結果は、自分としてもまずまず納得のいく走りができ、またチームとしても箱根駅伝本選につなげることができて良かった。
今回のレースである程度自信を持つことができた。この自信がより確実なものになるように、更に上を目指して努力していきたい。