Karube BLOG
襷新聞 編集記
襷新聞はOBの阿部さんのもと、稲垣雄太(3年)と末山貴文(2年)が中心となって編集しています。
また、支援する会の寄付などのご協力によって発行しています。

襷新聞第10号をむかえ、稲垣、末山の編集後記を転載します。

編集長 稲垣雄太
こんにちは。
いよいよ関東インカレまで1か月を切りました。
授業も始まり、春休み気分の抜け切らないまま毎日を過ごしています。
今回で襷新聞も10号目となりました。
昨年の関東インカレの際に「襷新聞復刊!!」の話が持ち上がりそこから試行錯誤を繰り返しての発行となりました。
あれから早1年。この1年間での成長は大きかったのではないかと思います。
トラックシーズンの到来とともに法政大学陸上競技部長距離ブロックが昨年から成長した姿をこの襷新聞を通して皆さんにお知らせをすることができれば光栄です。
少し固い文章になりましたが今回はこの辺で失礼いたします。

副編集長 末山貴文
こんにちは。
襷新聞の作成に関わるようになり約半年が経ちましたが、文章表現能力が全く進歩せず稲垣編集長に迷惑をかけっぱなしの末山です。
最近、気温が高かったり低かったりの繰り返しで、いつも以上に体調管理に気をつけなければいけません。
皆様が体調を崩されていないかとても心配です。
高校時代は体調不良が多かったのですが、大学に入ってからは殆どなくなりました。
丈夫な体に産んでくれた親に感謝したいものです。
親からすれば、子供が元気に暮らしているということが何より嬉しいことではないでしょうか・・・。
実際は風邪ひいてでも学校行って勉強しなさいと言われるかもしれませんが・・・。
まぁ、学生の本分は勉強ですからね。
今年度は単位をひとつも落とすことのないように勉学に励んでいきたいと思います。
部活の方は本格的にトラックシーズンへと入ってまいりました。
勉強の方と両立させながら2年目はしっかりと飛躍の年となるように努力していきたいと思います。
末山


なお、支援する会は、OBをはじめ選手のご両親など、法政大学長距離監督、成田駅伝監督を支援する会で構成されています。
公に募集はしておりませんが、興味のある方はぜひ法政大学グランドにいらしてください。